「ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー」開催される | ジュンツウネット21

アーステック
Spread the love

世界最大級の産業見本市である「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2024」(主催:ドイツメッセ)が2024年4月22日から26日までの5日間,ドイツ・ハノーバー国際見本市会場(写真1)で開催される。同展の開催に先立ち,2月21日(水),同会場で大規模なプレスプレビュー「HANNOVER MESSE Preview 2024 Press Conference」が開催され,世界中からジャーナリストが参加し,同展のみどころなどが紹介された。

ハノーバー国際見本市会場-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
写真1 ハノーバー国際見本市会場

ドイツメッセ社CEOのJ.ケックラー氏(写真2)は概要や見どころを次のように紹介した。

「ハノーバーメッセは世界有数の産業見本市です。そのメインとなるテーマ『持続可能な産業へのエネルギー供給』は,機械工学,電気,デジタル産業,エネルギー分野の出展企業を集め,未来の生産とエネルギー供給のためのソリューションを紹介します。主なテーマは,インダストリー4.0/マニュファクチャリングX,産業用エネルギー,デジタル化/人工知能と機械学習,CO₂ニュートラル生産,水素と燃料電池などです。また会議とフォーラムがプログラムを締めくくります。」

ケックラー氏-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
写真2 ケックラー氏
プレスプレビューの会場風景-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
写真3 プレスプレビューの会場風景

1.AI:競争力と持続可能な産業の鍵

「競争力の強化,気候の保護,繁栄の促進という3つのキーワードは今日業界が直面している主要な課題です。革新的なテクノロジーがこれらの課題を克服する鍵となります。しかし,企業は自動化,人工知能,再生可能エネルギー,水素をどのように効率的に活用できるでしょうか。そして,迫り来るヨーロッパの産業空洞化をどのように食い止めることができるでしょうか。ハノーバーメッセ2024がその答えを示します。

地政学的緊張,気候変動,成長の停滞,エネルギー価格の高騰,熟練労働者の不足により現在,企業ではコストと効率化が主要な課題となっています。同時に,人工知能は産業界の労働環境に大きな変化をもたらします。

今年のハノーバーメッセでは,経済・政治環境がかつてないほど不安定であるため,例年以上に重要です。産業界が競争力のある持続可能な生産を可能にする技術やソリューションが紹介されます。インテリジェントでCO₂ニュートラルな生産,AI,水素,そして分野横断的なエネルギーソリューションに関するものです。特に欧州の企業にとって,ハノーバーメッセは差し迫った欧州の産業空洞化に対する防波堤となるでしょう。出展者は,競争力のある工業生産がヨーロッパでも可能であることを示すでしょう。しかし、そのためにはイノベーションと起業家精神を促進する規制の枠組みが必要です。その解決策は,自動化,デジタル化,電化,広範な異業種間協力,国境を越えた協力,そして明確な政治方針の相互作用にあります。

メインテーマは “持続可能な産業の活性化”です。4,000の出展者,政財界のトップクラスの代表者,そしてパートナー国のノルウェーなど,ハノーバーメッセ2024は理想的なプラットフォームとなります。

見本市には300人以上の経済・政治代表団が参加する予定です。ショルツ連邦首相を筆頭に,ノルウェーのヨナス・ガール・ストーレ首相がハノーバーメッセのオープニングを飾ります。また,欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン 委員長とロベルト・ハベック 経済・エネルギー担当大臣は,産業界を代表するこの見本市を利用して,企業代表者と意見交換を行います。欧州で実質的かつ持続可能な生産と投資が行われるためには,官僚的な負担を早急に軽減する必要があります。」

2.人工知能:産業デジタル化の次のレベル

「ハノーバーメッセは,10年以上にわたり,産業のデジタル化にとって最も重要な見本市です。人工知能は今,産業のデジタル化を次の段階へと導こうとしています。プロセスをより効率的にし,新たな価値創造を可能にすることで,産業界に革命をもたらしています。AIを活用することで,企業は開発期間を短縮し,資源とエネルギーを節約することができます。

AIソリューションが産業界に導入されるスピードは目を見張るものがあります。企業は今すぐ投資し,何よりも従業員にAIが提供する機会を紹介しなければなりません。そうでなければ,競争に取り残されてしまいます。AIは競争力のある持続可能な産業への鍵なのです。

ハノーバーメッセでは,具体的な応用例を見ることができます。例えば, 音声で制御できるロボット,エラーを自動的に検出する機械,予知保全によってダウンタイムを短縮するシステムなど,具体的なアプリケーションをご覧いただけます。近い将来には,生成AIが機械を設計できるようになり,エンジニアの仕事内容は根本的に変わるでしょう。これらについてもハノーバーメッセで議論されることでしょう。」

3.水素経済はいつ到来するのか?

「揮発性の再生可能エネルギーの利用が増加する中,水素は排出ガスのない経済に適したエネルギー源として,ますます注目されています。ハノーバーでは,水素・燃料電池業界から約500社が出展し,それぞれのソリューションを紹介します。このため,ハノーバーメッセは水素をテーマにした世界最大かつ最も重要な見本市となります。水素はグリーン・エネルギー・キャリアとして大きな可能性を秘めています。しかし,現在の導入と拡大のスピードは不十分です。水素経済の発展には,規制分野における大胆な政治的決断,迅速な導入のための集中的な研究開発,規模拡大のための必要なインフラの確立が必要です。これが,実行可能なビジネスモデルを確立する唯一の方法なのです。ハノーバーメッセでは,技術的に実現可能なことを示し,政治と産業界が議論できる枠組みを作り,機能する水素経済への具体的なロードマップを決定できる枠組みを構築したいと思います。」

4.パートナー国ノルウェー:エネルギーとデジタル化の強国

「ノルウェーはハノーバーメッセという世界的な舞台で,とりわけ革新的で信頼できるエネルギー・パートナーとしての自国をアピールします。パートナー国のモットーは『ノルウェー2024:グリーン産業転換の先駆者』です。これは,再生可能エネルギー,CO₂ニュートラル生産,炭素回収,産業のデジタル化の分野におけるソリューションの開発において,ノルウェーが重要な役割を果たすという主張を強調するものです。4月23日に開催される “Renewable Dialogue – North Sea Energy Hub”会議では,ノルウェーとドイツの政治家や専門家が,政治的枠組み条件や技術開発・応用に焦点を当てながら,エネルギー転換について議論します。ヨーロッパにおいて,ノルウェーはエネルギーとデジタル化の大国です。したがって,ハノーバーメッセにはぴったりなのです。」

5.欧州連合:強力な経済同盟

「欧州総選挙を2カ月後に控え,欧州連合(EU)はハノーバーメッセで強力な経済同盟をアピールします。欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン 委員長は,4月21日の開会式でスピーチを行い,プログラムの幕開けを飾ります。見本市期間中のEUプログラムには,4月22日に開催される『欧州産業への投資』会議が含まれ,産業界の代表者がEUの政治家とグリーン・ディールなどのテーマについて話し合います。」と語った。

次にパートナーカントリーであるノルウェーの在ドイツノルウェー大使のH.E.Laila Stenseng 氏(写真4),イノベーション・ノルウェー執行副社長兼貿易投資部門長のMr.per Niederbach 氏からは,ノルウェーの魅力や出展社について紹介した。

H.E.Laila Stenseng氏-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
写真4 H.E.Laila Stenseng氏

「ノルウェーはEEA協定を通じて欧州域内市場に完全に統合されており,ノルウェー,ドイツ,その他の欧州連合(EU)諸国間の貿易と投資はシームレスに行われています。ノルウェーとドイツは重要な貿易パートナーであり,気候変動,再生可能エネルギー,グリーン産業に関する戦略的パートナーシップを締結し,グリーン転換における協力をさらに緊密なものにしています。

信頼できるエネルギー生産国として国際的に認められているノルウェーは,豊かな産業遺産と有能な労働力,先進技術,安定した環境を兼ね備えています。これらの要素が,ノルウェーを世界的なグリーン転換のための魅力的なパートナー,そしてビジネスにとって有利な目的地にしているのです。

ノルウェーは,特に再生可能エネルギー,電動モビリティ,グリーン・インフラストラクチャーなど,持続可能な技術やイノベーションにおいて最先端を走っています。注目すべき例としては,世界初の大規模炭素回収・貯留プロジェクトであるロングシップ・プロジェクト,液体水素を動力源とする世界初のフェリーを導入したMF Hydraプロジェクト,世界初のクリーンなアンモニアを動力源とするコンテナ船を建造したヤーラなどが挙げられます。また,ノルウェーは電気自動車(EV)の普及率が世界一であり,陸上輸送と海上輸送の両方におけるバッテリー・アプリケーションの専門知識を誇っています。ノルウェーは,『グリーン産業移行の先駆け』という見出しのもと,CCS,水素,バッテリー,AI・機械学習などの最先端産業の製品やソリューションを展示します。特にクリーンエネルギーとインダストリー4.0に重点を置き,低炭素社会に対するノルウェーの野心と,産業を変革しネットゼロを達成するために必要なソリューション開発におけるノルウェーの重要な役割を示す企業を厳選して出展します。

ハノーバーメッセにおけるノルウェーのプレゼンスが,両国の緊密な協力関係をさらに強化することを期待しています。」と述べた。

この日は出展企業を代表し19社がミニブースで出展情報を公開した。ここではAIやIoTなどメンテナンス分野で注目される6社の出展内容を紹介する。

Altair
https://altair.com/

計算科学とAIの分野をリードする世界有数のグローバル企業。データ分析とAI,シミュレーション(CAE),ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けのソリューションは,オープンアーキテクチャに基づきあらゆる業界の企業がより効果的に競争し,接続が強化された世界でより賢明な意思決定を行うことを可能にする。

シミュレーション,データ解析,AI,ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を融合し活用することで,企業がデジタルトランスフォーメーションを成功に導くための技術,手法,事例を紹介する。

Altair-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
Beckhoff Automation GmbH & Co. KG
https://www.beckhoff.com/ja-jp/

PCベースの制御技術に基づくオープンオートメーションシステムを実装している。

産業用PC,I/Oおよびフィールドバスコンポーネント,ドライブ技術,オートメーションソフトウェア,キャビネット不要のオートメーション,産業用画像処理用ハードウェアの主要分野を紹介する。

Emerson
https://www.emerson.com/global

ファクトリーオートメーションを推進させる技術,ソフトウェア,エンジニアリングのグローバルリーダーで世界の多くの基幹産業に革新的なソリューションを提供する, テクノロジーとソフトウェアのグローバル企業。

AspenTechの過半数株式を含む主要なオートメーション関連のポートフォリオにより, ハイブリッド型, プロセス型, ディスクリート型のメーカが, 業務の最適化, 人員の安全, 排出量の削減, サステナビリティの目標達成を実現できるサポート業務を紹介する。

FestoSE& Co. KG
https://www.festo.com/jp/ja/

オートメーション技術と技術教育の基準を打ち立て,空気圧や電気オートメーション技術により環境,経済,社会の持続可能な発展に貢献する企業。

世界人口への供給と人口動態の変化への対応,天然資源の保護とCO₂ニュートラル生産という課題に, “Blue World “アプローチでは,オートメーション技術と技術教育の助けを借りて,どのように両立させることができるかを表現する。

FestoSE& Co. KG-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
HARTING Technology Group
https://www.harting.com/DE/en-gb

産業用コネクティビティを提供する世界的なリーディングカンパニーであるHARTING Technology Group。コネクティビティ・ソリューションは,輸送,eモビリティ,再生可能エネルギー発電,自動化,機械工学など多くの産業分野で「データ,信号,電力」の伝送に使用されている。

カーボンニュートラルな未来に向けオール電化社会における信頼性の高いコネクティビティ・ソリューション技術を紹介する。

HARTING Technology Group-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
igus GmbH
https://www.igus.eu/info/company-about-igus

潤滑剤を使わない高機能プラスチックは,機械可動部の機能を向上させ,コスト削減に繋がる。エネルギー供給システム,耐久性の高いケーブル,すべり軸受とリニアガイド,トライボポリマー製のねじ技術で世界をリードするigus GmbH。

予期せぬ故障停止を回避するためのスマートセンサー技術や,自動化を促進する簡単操作の低コストロボティクス,無潤滑モーションプラスチック製品を使用したアプリケーションの最適化を数秒で提案するAIベースのアプリなどを紹介する。

igus GmbH-ハノーバーメッセ2024プレスプレビュー
HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2024 公式ホームページ

URL https://www.hannovermesse.de/en/



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら
「潤滑剤銘柄便覧」2024年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2024年版ご注文はこちら
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら
「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

カストロール
○カストロール
オイルを超えたオイル
http://www.castrol.com/jp
岡野石油店
○岡野石油店
ユーザーと共に多角的に諸問題に取り組む岡野石油店
  ≫詳細はこちら
和光サービス
○和光サービス
大自然の恵み,限りある資源を最後の一滴までリサイクル
http://www.wako-service.co.jp
安永油化工業
○安永油化工業
グリースのジャバラチューブなどチューブへの小分け充填。産業用潤滑油の専門商社
http://www.yasunaga-yuka.co.jp

Related Posts

見て,触れて,試せるテクノロジー!ハーティングがプレスツアーを開催 | ジュンツウネット21

見て,触れて,試せるテクノロジー!ハーティングがプレスツアーを開催 | ジュンツウネット21

ハノーバーメッセ2024プレスプレビューが開催される直前の2024年2月19日と20日に,産業用コネクティビティを提供する世界的なリーディングカンパニーであるハーティングテクノロジーグループが,ドイツ・エスペルカンプにある本社や工場,バイオガス工場などでジャーナリストを集めたプレスツアーを開催した。

フィルトレーション(固液分離)による廃油・廃液の減量化でCO₂排出削減 | ジュンツウネット21

フィルトレーション(固液分離)による廃油・廃液の減量化でCO₂排出削減 | ジュンツウネット21

サンメンテナンス工機は1985 年に名古屋市で創業.ワイヤ放電加工機(WEDM)のフィルター洗浄業や超精密加工事業を中心に,金属加工分野での生産財,フィルトレーションなどそれぞれの得意分野を融合させ,独創的な製品・サービスを生み出している.